アクセスカウンタ

<<  2013年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


セネガル人宣言!!

2013/01/11 15:03
子供の頃から今に至るまで、自分がナニジンかわからないと
言って来た。

でも、ここ数ヶ月でやたらと俺の中のセネガル人魂がメラメラと
盛り上がって来ている。

10代後半から10年間位はNYのセネガルコミュニティーで
セネガル・カルチャーどっぷりで暮らしていた。なんか最近
その頃が1番自分らしかった気がするし、楽しかった。モチロン
今も楽しいし、NYも日本もハワイもそれなりに好きだし、タイや
沖縄は大好きだ。それでもやっぱり俺のセネガルに対する
思いは別格だ。

サッカーの試合から天災、政治まで、何かあると真っ先に
気になるのはセネガルのことだ。それはここ20年以上
変わらない。

なにかあれば食べたくなるのはセネガル料理だし、街で
WOLOF(セネガルの言葉)が聴こえるとつい耳をそばだて
るし、懐かしく安心する。「オイ、こう見えても俺もWOLOF
わかるぜ!」と言いたくなる。

友達も家族同様でなんでも腹を割って話せる数少ないヤツは
セネガル人だ。でもこれはタイ人でも日本人でもアメリカ黒人
でも、沖縄人でも台湾人でもマレーシア人でもいる。

セネガルには1度も行ったことないし、セネガル人の血は知る
限り一滴も入っていないが、そんなの関係ねえ!!

これからもガンガン、セネガル人街道突き進みまっす!!w


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


似すぎてカブるモノ

2013/01/09 13:23
昔からブルドッグとパグの区別がつかない。俺には
どっちも同じように見える。周りの皆は全然違うぢゃん!
と言うのだが。。

他にも似ていてカブるモノとうのはけっこう存在する。
自分だけにとってそういう場合もあるし、周りの皆も
同じように思っている場合もある。

最近の俺の場合。

お笑い番組を無料の動画サイトで時々観ているのだが
その中で、木村祐一とケンドー・コバヤシがメッチャカブる。
顔立ちも髪型も体格も言葉遣いも。オマケに事務所まで
同じ吉本興業だ。

こないだも動画を観ていたら、「タイは俺の心の故郷」とか
言っていたので、素で「あぁ、キム兄(木村祐一)もタイが
好きなんだ〜」と思って観ていたら、「ケンコバさん」とか
呼ばれていて、勘違いしていたことに気が付いた。

一昔前は、竹野内豊と反町隆史の区別がつかなかった。
友達から竹ノ内はナヨナヨ、反町はワイルド系と言われ、
なんとなくわかるようになった。

他にもつい最近の出来事で、こないだからセネガルの
コンドミニアムのカタログを時間があったらゆっくり見ようと
思って、職場の上に置いておいた。表紙は青空に茶色っぽい
建物の絵が描いてあるヤツだ。あまり時間がなくジックリ
読むチャンスはなかったが、とにかく2−3ヶ月の間、俺の
職場のデスクの上で時々ガラクタの下になったり、また
引っ張り出されたりしていた。

それがつい数日前、なんと同僚のアメリカ人の女性が
それと全く同じモノを彼女のデスクに置いているのを
通りすがりに見てしまい、???となった。なんで彼女が
セネガルにコンドを?! それとも俺のパンフレットを
勝手にデスクから持って来て見ている?!とまで思ったが
次に通る時よく見たら、会社のLOGOが入っているうちの
会社のパンフレットだった!!よみ見るとデザインも全然
違うのだが、並べて見ないとソックリ!!

昔、俺がまだ実家に住んでいた頃、うちの母も間違いを
やらかした。

中学生か高校生だった俺は、当時地味に流行っていた
FAIRCHILDというバンドのYOUというボーカルの子の
ファンだった。

同じ頃、何が原因だったか今では全く覚えていないが、
なにかで母に腹を立てて、普段は寝る時以外入ることのない
自分の部屋に立てこもっていた。これもまず有り得ないこと
なのだが、夕飯もいらないと言って立てこもっていた。

それからしばらくして、だいぶ遅い時間になり、若い衆の1人が
俺の部屋のドアをノックして「姐さんがボンの好きな人がTVに
出てるから下りて来るように言ってます」と、呼びに来た。まぁ
いつまでも怒っていても仕方ないし、せっかく呼びに来てくれた
若い衆にも悪いし、YOUちゃんも観たいしで、部屋を出て下の
リビングに下りて行った。

んで、TVを観たら出ていたのはなんと、オシャレなYOUちゃん
ではなく、ゆうゆ(おにゃんこクラブ?)とかいうアイドル崩れの
ダサい女!笑

せっかく直りかかった機嫌もすっかりまた元に戻ってしまった。
というか、以前より不愉快になり余計にケンカになった。今では
笑い話だが。

皆さんもご注意を!!w 

画像


セネガルのパンフと会社のパンフ

画像


木村祐一

画像


ケンドー・コバヤシ

画像


反町隆史

画像


竹野内豊

画像


YOU

画像


ゆうゆ

画像


ブルドッグ

画像


パグ


ど〜っすかね??w 似てるっしょ?!(YOUとゆうゆ以外)


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


アフリカ三昧な週末

2013/01/08 14:47
金曜日、ソウルフードレストラン、AMY RUTH’Sで夕飯の
約束があったので会社の帰りにハーレムまで行った。だが、
待ち合わせの相手がなかなか来ず、しかもケータイに電話しても
全く繋がらず、今どこにいるのかもわからない。当日の昼間に
相手から確認のメルが来たので忘れているということはありえない。
一瞬、相手が店を間違えたかとも思ったが、それも事前に確認
したので、ありえない。店は予約を取らない店だったので、予約を
取っていなかった。他にも何人か来ることになっていたが、誰が来れて
誰が来れないのか聞いていなかったので何人来るのかもわからない。

一応、店の中に入って店員に訊いてみた。店の中を見て来ていいと
言ってくれたので、2階まで見て来たが知った顔は1人もいない。
何人来るかもわからないので、先に席を取って座って待っている
ワケにもいかない。それに俺はレストランやカフェに1人で座って
いるので大の苦手だ。1人で飲み食いはモチロン、ただ座っている
のも超苦痛。外は氷点下で風も強くメッチャ寒いし、もう真っ暗だ。

しばらく店の中と外を出たり入ったりしていたが、なかなか来ないし
電話もかかって来ない。どうしたモンかと思ったが、幸いなことに、
ここはハーレムの116丁目。通称リトル・セネガル。俺の庭だw

まずは、セネガルのコメディ番組のDVDでも買おうかとDVD屋を
目指した。少し見ていたが気が変わり、服を新調することにする。

AMY RUTH’Sの2軒ほど隣にある、前から気になっていた
セネガルの民族衣装を売っている店に入る。いろいろ物色し
結局2つ試着して、気に入ったほうを購入。裁断や縫製も必要
なので、採寸して貰っている最中に、待ち合わせの相手から
電話が来た。仕事の関係で遅れたらしく、まだオフィスにいる
らし。他の人たちも一緒に待っているとのこと。まだそれから
30分くらいかかるというので、そのまま採寸を終わらせ、
125丁目のBANKまで行って金を下ろしてきた。モチロン
その服の代金だ。そんな買い物するつもりで来なかったので
そんなにCASHを持っていなかったからだ。

店の人が、俺がBANKに金を取りに行っている間に仮縫いを
しておいてくれるというので、BANKに行ってもうすぐ店に
戻るというところで、待ち合わせていた知人からTELがきて
もう皆、着いて店に入ったとのこと。

AMY RUTH’Sはソウルフードの店なので、俺の祖父母の
家で食っていた料理が中心だ。懐かしくてウマイ。他の人たちは
あまりなじみのない人もいたので、皆で違うモノを取ってシェア
した。俺はBEEF SPARE RIBSとMAC N CHEESEと
GREENS。全部ウマーだった!!

画像


画像


画像


画像


画像



その後、服をPICK UPして帰宅。家で試着したら上に着る
モノの裾が少しと袖がカナリ長かった。と、言うのも上に着る
ヤツの採寸はテイラーが「だいたいわかる」と言ったのでしな
かったのだ。裾はほんの少し長い程度なので別に引きずる
程ではないが、もう少し短いほうが動きやすいかと思った。
袖に至っては切るのを全く忘れているw 今度の木曜日にも
またセネガル料理を食いに近くまで行く予定があるので、
その日に持って行って直して貰おうと思っていたのだが、
AMY RUTH’SでのDINNERのあと帰宅し、友達に予想外
のイキサツで民族衣装を買った話をしていたら、友達が
自分もアフリカの布など見たいというので、急遽翌日の
土曜日、またまたハーレムへ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



まず、昨日の洋服屋に寄って、昨日買った服とずっと前に
全く別のところでGETした民族衣装のズボンがやはり長かった
ので、ついでにそれもDROPしてきた。その後116丁目にある
アフリカの民芸品専門のストリート・マーケットのようなところで
友達は民族衣装を買い、俺も友達も布を買った。その後125丁目の
別の布地屋まで歩き、また116丁目まで戻ってセネガル料理の
店で初めて入る店で遅いランチ。俺はいつもよく食うチェブ・ジェン。
友達はチェブ・ギナール。ウマかった!服は今日は仕上がらないと
言うので、木曜に来るからと言って帰って来た。

画像


画像


画像


金曜日にソウルフードに行った知り合いたちも土曜にセネガルの
ところに行った友達も皆、日本人だ。日本の人たちにアフリカや
黒人の歴史やいいところを知って興味持って貰えるのは嬉しいな〜。
本当の姿を知って貰えれば、差別する人も減ると思うのだ。だって
素晴らしい文化だから☆

友達はその後、家に帰ってから民族衣装を着て、同じ布でできた
スカーフを巻いた写真を送ってくれたが、すごく似合ってた。やっぱ
世界中の人が着るべき!!笑 こないだのLONDON OLYMPIC
でも、アフリカの民族衣装(本当に伝統的なヤツね、今風にアレンジ
したヤツでなく)が1番美しかった。OLYMPICは興味ないけど、
入場行進で各国の人たちがそれぞれの文化を強調しながら入って
来るのを見るのは昔から大好きだ。

友達もなかなか気に入ったようで、もう1着欲しいと言っていたので
近々また行く予定〜


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2013年1月のブログ記事  >> 

トップへ

メビウスの帯 〜懐かしき未来の日々へ〜 2013年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる